プロミス審査なび

家族にばれないようにする手続き

カードローンは借金をするという事です。借金をする理由としては様々ですが、どのような場合においても借金は無い方がいいものです。家族に至っては借金について反対される場合もあり、実際には借入しにくい状況になる場合があります。

そんな時には内緒で借入をするという人もいます。そんな時には家族には絶対にバレない様に対策をしなければなりません。その対策としては、金融機関に連絡をして紙媒体の利用明細書等の送付を一切断る事です。

今ではインターネットからしか明細を確認出来ない様にする事も可能であるので、家に利用明細が送られてこない様にいち早く手続きをしておく事が大切です。また、会社への勤務先確認の電話に関しては、必ず個人名でかかってくるので会社の同僚にバレてしまう事はありません。つまり安心して申し込む事が出来ます。

借金がバレてしまう場合とは

借金がバレてしまうのを恐るのであれば、どの様な時にバレる可能性があるのかをしっかりと把握しておくことで、その可能性を減らす事ができます。まず、カードを落としてしまった場合です。喪失届を提出して、カードの利用を停止したとしても親切な人がそのカードを拾ってしまえば、警察に届ける事になります。

その場合においてはカードとしての効力が無くなっていても、持ち主に変換する事になります。その時に家に電話がかかってきて、家族にそのカードの詳細を聞かれればバレてしまうことになります。

また、一番やってしまいがちなミスが返済の滞納です。これは一日でも返済期日を過ぎれば、金融機関から電話がかかってくるのでその際には会社名を名乗られてしまうことになります。

そうなれば家族にその電話の内容を聞かれてしまう事になりバレてしまうので注意が必要です。