プロミス審査なび

消費者金融には利用制限がないか

銀行で住宅ローンを利用する場合、住宅ローンをギャンブルに利用することは当然出来ません。住宅ローンを利用する際には、住宅建設の見積書などを提出した上で、審査を受けなければなりません。
銀行のマイカーローンを利用したいという場合であっても、それは同様です。新車の見積書を提出した上で、審査を受けなければなりません。実際に購入する前に審査を受けなければなりませんし、中古車では対象とならないマイカーローンもあります。
このように、銀行の目的別ローンの場合には利用目的が限られてしまいますし、色々と面倒な手続きもあるものです。
その点、消費者金融のカードローンでは、そういった面倒な手続きはありません。もちろん、カードローンに申込みをする際には手続きをしなければなりませんし、身分証明書の提出もしなければなりません。
しかし面倒なのは最初だけで、それが終われば後は快適なマネーライフが待っています。

消費者金融でも利用できない目的

消費者金融のカードローンのメリットと言えば、何といっても利用目的が特に定められていないということです。
旅行に使っても構いませんし、ギャンブルに使っても構いません。ホストクラブやホステスにお金を入れ込んでもいいでしょうし、自己投資のためにお金を使うというのもいいでしょう。
しかし、消費者金融のカードローンと言っても、全く無制限の使い道ができるというわけではありません。実は、制限されている利用目的もあるのです。
まずは、事業性資金。事業性資金というのは、会社のつなぎ資金や投資資金のことです。消費者金融はあくまでも一般消費者を対象とした商品であり、事業性資金であれば、銀行から事業融資を受けるなり事業者専用のカードローンを利用するなりするのが賢明です。
もう1つは、他の借金の返済。消費者金融によってはこれを禁止しているところもあります。どうしても借金を返済したいというのであれば、いわゆる「おまとめローン」を利用したほうが有利というものです。